英語教材のいいやつをみつけました。

あなたは今までどうやって英語を勉強してきましたか?すごく簡単に英語をマスターできる方法があることをご存知ですか?ここにありました。

英語は苦手が苦手なんですか?もうそうは言わせませんよ^^さえあれば! もう苦労なんかして英語を覚える必要はなくなりました^^

数日後には英語でしゃべりたくて仕方がないあなたがいます。

人の英会話の上達が気になって仕方のないあなたにはこの英語テキストで超♪安心していただきます。

辛くない勉強法がここにあります。

知りたくありませんか? すっかり英語達者になったあなた自身の姿が想像できますか?私には容易に想像できますよ^^自身ありのスペシャル教本です。

(教本といっても難しくありませんのでご安心を) すごく都合のいい情報を見つけました。

あっと言う間に英語がマスターでるのです。

あなたはすぐに外国人と対等にお喋りできるようになるでしょう。

そんなあなたになってみませんか? すぐに、あなたの頭の中で、会話が、見た風景が、しぐさ、目の前にあるもの全てが英語で表現されてしまいます。

そんな癖がついてしまうのです。

今すぐ始めたいと思いませんか? 色々試してみたけれどみんなすぐに飽きてしまった。

そんなあなたにぴったりの英語テキストがあるのを知ってましたか? あなたがペラペラと英語をしゃべっている姿を想像できますか?すごく上手に流暢に!現実になる可能性があります、その世界へ一歩入り込んでみましょうよ? ではまた明日!

タグ:英語 教材

私の英検対策

英検1級は、かなり難しいです。ほとんどの人がTOEICをまず受けて、1級を受けています。

TOEICとは TOEICは、英語によるコミュニケーション力をいろいろな面から評価するテストです。

世界60カ国以上で実施されている、世界共通の試験なんです。 この試験の評価は、合格とか、英検のように何級という評価ではなく、何点、というように、スコアによって評価されます。

10点から最高990点のスコアで評価されます。

企業では、この試験の評価を昇進・昇格などの条件に利用しているところもあります。

従って、何度もこの試験にチャレンジするかたもいるそうです。私の知り合いは、勉強法やコツを変えてもう5回も受けています。

すこしずつスコアはあがっていますが、もうマニアですね^^;

ですが、何度でも受ける、というのは、ひとつの方法だと思います。 スコアアップで、企業からの評価もアップして、英語の力とともに仕事の実力もアップする可能性があります。

ついでに給料もアップしたりして‥

英検1級の合格者の人は、スコア895以上とっている人が多いです。

ちなみに、準1級は、745以上です。


英検対策の教材

ライティングは、過去問や問題集で十分だと思います。リスニングは、CDを何度も聞いて音読するか、英語の教養番組をみるか、実際外国の方とお話できれば、一番いいですが・・・。

この番組もおすすめです。

NHK英語でしゃべらナイト

NHK総合テレビで放送されている英語トークバラエティー番組で釈由美子さんやパックンなんかが出演していてとっても人気なんです。

4月からは、釈さんから、モデルの押切もえちゃんに変わりました。

もちろん、英会話の番組なので、英語の勉強ができちゃいます。

ゲストは俳優、タレント、スポーツ選手、文化人などさまざまで 特に世界で活躍する日本人が出演することが多いです。

英語でしゃべらナイトは英語のわからない人でも見ているだけでも楽しめますよ。

英語初級者にもおすすめです。

英検の合格点を調べました!

英検の合格点を調べました。

ご参考までに‥

英検5級

合格点・・・50点中30点前後

英検4級

合格点・・・65点中40点前後

英検3級

合格点・・・65点中35点前後

英検準2級

合格点・・・70点中40点前後

英検2級

合格点・・・70点中45点前後

英検準1級

合格点・・・99点中65点前後

英検1級

合格点・・・113点中75点前後

※ 毎年合格点は若干の変動があります。

英検2級から難しくなります。高校1年のときなにを思ったのか、いきなり2級から受験しました。

甘くみていたのもあり、見事最初の段階の筆記試験で落ちてしまいました・・・。

タグ:合格点 英検

英検とは

英検とは

毎年、何百万人もの人が英検という資格にチャレンジしているそうです。

この資格は、とても人気のある資格の1つなんですよ。

大学や高校入学試験で優遇されたり、英語科目の単位として認定する学校もあるようです。

英検は日本で最も有名な英語能力の検定制度のひとつです。

英検の検定内容(テストの内容)は、筆記とリスニング(聞き取り)に分かれており、筆記とリスニング(聞き取り)が約半分づつくらいの割合を占めています。

面接もあります。

ただし、5級〜3級まではリスニングの配点が高い傾向にあり、、早くから会話中心の英語の勉強をしてきた子どもたちには有利です。

そのためか、児童の英検を受ける年齢が、どんどん早くなっているといいます。

私が、英検を初めて受けたのは、中1のときです。

まずは、4級から・・・。そして、中2で3級・・・。

3級のときは、クラスで私しか受けてなかったので、先生から、合格通知の紙を渡されたときは、ちょっと恥ずかしくて、こそっとトイレに入って、どきどきしながら見たものです。(笑)

今では、小学校でも英語を勉強しているみたいですね。

英語を勉強するのは当たり前の時代になってきました。

昔と違い、最近では、英検で出題される内容は、より実践的なコミュニケーションを重視したものになりました。

つまり、現場の英語を身につけるのにもってこいの資格なわけです。

そして、最近、アメリカの大学に留学する際に、この資格を持っている(通常2級以上)と留学できるところも出てきたようです。

(大学によって異なるそうです)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。